KIKA NY / COLLAB SANDAL

¥58,000 (税抜)
COLOR
SIZE
QTY

TANY&INABA COMMENT

「谷」
KIKAって名前の響き好きw
JUTTA NEUMANN(ユッタニューマン)と同じ師匠で学び共に一緒に頑張ってきましたが、KIKAが独立。KIKA NYを立ち上げました。
JUTTA NEUMANはもう昔からレザーサンダルのロールスロイスって言われた物作りで、何度もeast villageの彼女の作業場にも行って良く会いに言ってました。KIKA NYがリリースするって聞いた時はどんな物作りなんだろうって興味深々でしたが、、、アッパーはアメリカ・ホーウィン社の「クロムエクセルレザー」を使用してユッタニューマンの雰囲気がプンプン匂う中、ヒールがある事に気付きました。ヒールがあることでどこかエレガントな印象を与える。尚且つ、JUTTAは伝統的なデザインを守り続けるのに対し、KIKAは新しい可能性あるデザインをリリースする。両者の芯にある所がとても美しく、自分も様々なモノを話して話し込んで編集するのが好きなので、KIKAと打ち合わせをしてるうちに、僕が履いていた某アウトドアブランドのサンダルの話題に。それからIMA:INEがKIKAにデザイン提供をする形で日本ではIMA:ZINEのみのエクスクルーシブのスタイルが出来上がったのです。今回で第三弾。毎回微妙なカラーチェンジをしてます。今回こそ手に入れたい!
稲葉もよう履いてるけどどう??

「稲葉」
初めて履いた時は固くて足にループの跡が残ったのを憶えてるけど、2,3回履いたらすぐに馴染んで足にしっかり付いてくる感じ!
水に濡らすともっと足に馴染むと聞いてたから恐る恐る試したけどビックリするぐらい馴染んで軽さもあってか大袈裟じゃなく裸足で歩いてる感覚やわ!
手入れ次第で10年は履けるし夏の定番として足元はKIKA中心かな!

DETAIL

第三弾となるIMA:ZINE special sandal。IMA:ZINEがKIKA NYにデザイン提供を行い、スペシャルな一足となっています。Outdoor要素あるデザインと、ハンドメイドで作られるぬくもりをプラスした唯一無にのサンダル。アッパーはアメリカ・ホーウィン社の「クロムエクセルレザー」を使用されています。ユッタニューマンとの違いはヒールがある点です。モードにもカジュアルにも合う一足を是非手にとってみてください。

BRAND

KIKA NY(キカ ニューヨーク)

2009年にKIKA VLIEGENTHART氏とSabine Spanier氏によって設立されたブランド。昨年まではニューヨークのブルックリンで製品は作られていたが、現在SPAINに工房を構え活動をしてる。ハイクオリティーで温かみのある革製品として世界中で愛され続けているJutta Neumannと共に活動をしていたのも有名。伝統とクラフトマンシップに支えられた昔ながらの技法で、全ての工程を一貫して手作業で行なわれています。

MATERIAL

leather

SIZE

US8(26cm) / US9(27cm) / US10(28cm)